創作展・内見会

トップページ >  創作展・内見会 >  平成29年春の内見会

平成29年春の内見会

29haruannaijou.jpg


●高尾 朱子自筆の内見会ご案内状

さて、来る3月6日(月)〜8日(水)に春の内見会を桝屋高尾 本社にて開催いたします。

継承展から早1年。

少しずつねん金糸という素材のもつ可能性を拡げていける様な作品づくりを心がけ制作に取り組んでおります。

ご高覧頂き、ご批評頂ければ幸いです。

皆様方のお越しを心からお待ち申し上げております。よろしくお願い致します。


とき・ところ

平成29年3月6日(月)・7日(火)・8日(水)
午前10時〜午後4時まで

桝屋高尾 本社
〒603-8327 京都市北区北野西白梅町77番地

出展内容 ねん金綴錦・針ねん金・金唐ねん金・渡来錦・本袋・夏帯 など
お問い合わせ 電話 075-464-0500
  • 本社への交通案内はこちら

平成29年の春の内見会

3月3日(金)〜8日(水)に 桝屋高尾 本社にて春の内見会を催しました。

IMG_1611.JPG

会期中は多くの方にご来駕いただき、心より御礼申し上げます。誠にありがとうございました。


今回は新しい試みに挑戦した新作・逸品を揃えさせていただきました。
以下に、内見会で披露いたしました作品の一部をご紹介致します。

IMG_1598.JPG

ねん金綴錦

桝屋高尾の独自の作品であるねん金綴錦

従来の格式を残しつつ 新しい感性を取り入れた作品に仕上げました。

IMG_1603.JPGIMG_1626.JPG

古布蘭

新作「ヘレケの華」「ヘレケの華文」「トルコ唐花」

ヘレケはイスタンブールの60km南東にある小さな村で そこで作られている手織り絨毯は大変有名です。

色彩の美しさを経糸の絵経と緯糸の絵緯との重ね合わせにより表現しました。

IMG_1604.JPG

IMG_1627.JPG

金唐ねん金

新作「抽象の華」シリーズ

ふくれの技術を針ねん金と融合させた金唐ねん金

今回は組織のバリエーションを増やし あえて簡単な抽象的な柄の作品にしました。

カジュアルなシーンにも幅広くお使いいただけます。

IMG_1602.JPGIMG_1625.JPGのサムネイル画像

渡来錦


平織りの美しさを究極にまで表現した他に類を見ない作品です。

IMG_1601.JPGIMG_1624.JPG

オリジナルの着物も 新作を取り揃えました。

IMG_1600.JPGA4サイズで製作したねん金のバッグは 使いやすいとご好評をいただいています。

IMG_1630.JPG

おかげ様でこの度の内見会も 盛況のうちに終えさせていただきました。

この場をお借りして幾重にもお礼申し上げます。